シニフィアンになじむ

良い按配を追求します / 全部ポエムです

難しいことを易しく、易しいことに深みを、深いことに面白さを。(見える化シンポジウム2019 自分用覚書)

f:id:NRT_Nn:20190303153002p:plain見える化シンポジウム2019 チラシ 

課題提起1:進歩したか、物質科学の見える化

藤堂眞治 東京大学大学院理学系研究科 / 物性研究所 教授
     ポスト「京」重点課題(7)で広報代表
 
何をわかってほしいと願って情報発信するかが大事
・一般的には動画が効果的
     ・ただし専門家向けには逆効果の場合もある
・デフォルメにより難しいことを易しく、易しいことに深みを、深いことに面白さを
     ・でも「わかりやすさ」と「正確性」は反比例しがち
・研究の価値や成果だけを強調しても、共感・共鳴は得られない
     ・手に取れるもの、形のあるもの
     ・研究の風景、プロセス、歴史、ドラマ
     ・研究者の興味、信念、熱意、こだわり
 
仮想現実VR/拡張現実ARの可能性
・シミュレーション結果の背景にある物理機構の発見、理解
没入型、対話性による強い共感・共鳴
・リアルで正確な、しっかりした物理に基づく情報の発信、見える化
  

課題提起3:若年層に向けた科学広報


矢田雅哉 筑波大学計算科学研究センター広報室
     ポスト「京」重点課題(9)での広報担当
 
コンテンツは短く
     ・文章なら2,3行で簡潔に。動画なら3分以内が理想
定期的なコンテンツ投下
     ・できれば日に数回。難しければ月イチ更新を心がけたい
・クリックしたくなる工夫
     ・中二病的なワードが入ったタイトルは押されやすい
     ・専門用語が当然のように入っているのは避けられがち
     ・ラノベのように、タイトルだけで内容の多くが予想できるのが理想
 

招待講演1:Vtuberによる計算科学の啓蒙にむけて


松原庄吾 株式会社クロスアビリティ
 
本郷モル バーチャルケミスト 本日初公開!f:id:NRT_Nn:20190303153440j:plain

キャラデザめちゃくちゃいいね

 

f:id:NRT_Nn:20190303153958j:plain

1人目のフォロワーになってゆく
 

招待講演2:図表や模型の上をみんなで歩くこと


番匠カンナ 番匠カンナ バーチャル建築設計事務所
      建築技術者コミュニティ「xRArchi」委員長

f:id:NRT_Nn:20190303153125j:plain

リアルタイムで動く番匠カンナ かわいいね
 
私(番匠カンナ)のような存在のことを次のように考えている人が多い
「2次元空間で・Vtuberが・1人で配信している」......しかしこれは間違っている
3次元空間で・Virtual一般人が・大人数で生きている」......これが正しい
 
今はまだだが、スマホのようにVR/AR機器が「ふつう」になった瞬間、
人類は魔法を使うようになる
 
人間が想像できるほとんどのことがバーチャル空間では可能になる
 
可視化、これを空間化(Spatialization)によって実現していきたい

お前には罰として大きな岩を山頂まで運んでもらう

山の麓から大きな岩を持ち上げ、山頂へ向かう。
 
この行為にどんな意味があるのかよく分からないが、これは神様を怒らせてしまった罰であり、言われるがままに運んでいる。
 
それでもいいかと思っている。
頂上まで辿り着けば “赦し” をもらえる。
 
何日もかかった。あと少しで頂上に達する。
ボロボロになった身体に鞭を打ち、最後の力を振り絞り、山の頂に大きな岩を置いた。
 
大きな岩は山頂に達した。
 
直後!その岩は斜面を転がり落ち、再び山の麓へ戻ってしまった!
 
私は転がり落ちる岩を、泣くことも、喚くこともせず、ただただ冷ややかな目で眺めていた。
 
しばらくして事態を受け止めた私は、山を降り、もう一度大きな岩を担いでいた。

 

 そうこうしているうちに年月が経ち、岩を運ぶ必要はなくなった!やったぜ
 
代わりに、労働というものをしている。
 
この行為にどんな意味があるのかよく分からないが、これは上司から頼まれた作業であり、言われるがままに手を動かしている。
 
それでもいいかと思っている。
月末まで耐えきれば “給料” をもらえる。
 
1ヶ月かかった。後もう少しで給料日が来る。
ボロボロになった精神に鞭を打ち、最後の力を振り絞り、帰りの満員電車に乗った。
 
給料が振り込まれた。
 
直後!その給料はクレジットカード会社に引き落とされ、再び値が0に戻ってしまった!
 
私は空になった預金残高を、泣くことも、喚くこともせず、ただただ冷ややかな目で眺めていた。
 
しばらくして事態を受け止めた私は、山手線に乗り、もう一度大量の作業を抱えていた。*1*2

*1:このお話はフィクションです。

*2:というか、ギリシャ神話『シーシュポスの岩』です

雑記_秋葉原に引越しする

秋葉原に引っ越すことにした。


あの辺は千代田区に属し、地価が高い。
大学院という頭の病院に入院しているため、ようやく来年度から社会人になれる自分にとっては痛い出費になる。


それでも、高い賃料を払ってでも、秋葉原に住みたかった。勤務地から徒歩圏内であることを最優先にした。


通勤ラッシュは、ことさら都心に勤める社会人にとっては大きなストレスになるっぽい。始めは、いかに乗換えを少なく、最寄駅に近くするかを考えていたけれど、自分の通勤から「鉄道移動」をまるごと排することによって非常にシンプルな基準で家を選ぶことができた。


どうして徒歩圏内(≒通勤時間の短縮)に拘ったかというと、今現在の通学に片道2時間弱を費やしている生活が、もう何もかも面倒だから。


移動自体はとても楽(最寄り駅が始発駅なのでほぼ100%座れる。また、大学まで直通のシャトルバスもある)だけど、いかんせん時間がかかる。


「移動時間に本が読める」なんて言ってる場合じゃない。その2時間弱がなければ快適な室内で座って本が読めているんですわ。


リニアが開通すれば東京ー名古屋は40分で移動できるんだぞ。そんな時代に120分て。


末期(今のことです)には実際に移動していない時でさえも、まだ乗らぬ京王線に思いを馳せては「ウワッ、移動めんどくせえな」というストレスとも違うモニョモニョした気持ちになり、自室のテーブルに根を張るようになった。


デメリットももちろんあるけれど、近いことはとりあえず正義だ。大学(建築学専攻)で「歩いて暮らせる」みたいなキラキラコンセプトを何回も提案しておきながら、どうして自分には適用してあげられなかったのか。


大学院まできて何を学んできたんだ。
思えば都市計画は最初からずっと、距離との闘いだったのに。

 

早く気付けばよかった。(って嫁と反省した)

こうなりたい2019 今年の目標・心意気

  • 悔いのない大学院生活を送る
  • 自分を取り巻く人々を大切にする
  • 超優秀な下っ端になる

悔いのない大学院生活を送る

修了する

目下、きちんと修士論文を仕上げる。書き上げるまでは多少他のことを犠牲にしてもいいと思う。頑張ろう修論。そして、修論ではない別の研究にもしっかりと関わっていく。この研究は来年度以降も続く研究であるから、後輩ないしは共同研究してる他大の学生のためにも、めちゃくちゃな引き継ぎにならないようにしたい。良い研究にしたいし、呪われたくない

 

後輩をちゃんと見る

後輩のことをちゃんと見る。僕はかつて院生の先輩にいろいろお世話になったけど、自分が院生になってから後輩にいろいろお世話したかというと、全然できていないような気がする。ゼミでやる内容の事とかだったらだいたいなんでもわかる*1ので何か役に立てたらいいな。具体的には3月に学部生がやるであろう統計分析や就活のことで困っている人がいたらドヤ顔で手を差し伸べたい*2

 

研究室にある本を1冊でも多く読んで去る

所属している研究室に置いてある本、神懸かっている。教授の審本眼には脱帽するしかない。図々しく研究室に出入りできるのもあと僅かなので、修論が終わった後にたくさん目を通しておきたい。

 

自分を取り巻く人々を大切にする

  嫁

「もっと私を大切にしろ!」とよく怒られるので、そうしたいなぁ(願望)。運良く土日休みの企業に就職できたので、週末は外に連れ出したり、ゲームしたりしたい。でも、付き合い始めたころはキリッとしていた嫁が、最近はデロデロのふぬけになって家の床に溶け込んだり、炬燵から顔しか出さない生き物になっているので、勉強や運動などもビシバシやっていきたい。

 

友人

社会人になってもこれまで通り、写真撮りに行く会や、CSゲーム機を持ち合ってオフライン対戦する会、季節に応じた○○会、やっていきましょう。今後、新しくやろうと考えているのは、定期的に体育館を借りてスポーツするやつです。意識しないとあっという間に運動不足になるらしい。奮ってご参加ください。

 

先輩

卒業してからも、ときどき気にかけて連絡をくれたり食事に誘ってくださる最高な先輩がいます。一生付いていきたいし、いつか対等な立場で話せるようになったりもしたいです。頑張ります!

 

後輩

卒業してからも、ときどき頼りにしてくれて連絡をくれたり食事に誘ってくれる最高な後輩がいます。一生面倒を見てあげたいし、いつか僕を追い越して「先輩はダメですねえ」と微笑んでほしいです*3。頑張ってください!

 

インターネットの人

寿司食べに行きましょ

 

家族

最高に感謝

 

超優秀な下っ端になる

仕事

建築学専攻なのに*4建築ではなく不動産業界に就職したので、わからないことだらけです。まずは会社のルールを理解して、業界のことを勉強して、社会についても学んでいく。上司に言われたことをきちんとこなす。大きな仕事は任せられないけど、面倒なことは全部成田がやってくれる、そう思われる下っ端に、まずはなりたいです。

 

家事

嫁のほうが当然立場が上なので、家でも下っ端です。シンクの食器はすぐに洗う。ゴミの分別とゴミ出しをやる。郵便物をすぐ読み、取捨選択する。水回りの清掃。洗濯物*5。嫁の喉が乾いたらすぐ水分を持ってくる。買い出しが必要になったらダッシュで行く。ちょこちょこ部屋の掃除をする。食事の用意をする。

 

その他

読書・ブログに読書メモ・Podcast建築士試験・宅地建物取引士試験・1dayスケジュール・ラノベを読む・継続的な運動・漫画を揃える・音楽・大規模寿司会・ネットの人と会う・日本酒飲み比べ・配信環境の構築・有栖川ドット応援・Twitter

*1:なんでもは知らないわよ。知ってることだけ。

*2:過去に後輩に頼られたことがあるが、そのときは「君はしっかりしてるから全部大丈夫なんだよ」しか言わないポンコツbot先輩になってたいので反省している

*3:ただし美少女に限る。男は酒飲んで一緒にダメになろう

*4:建築学専攻って、結局、いったいなんだったんだろう......

*5:乾燥機能付き洗濯機を買うぞ!

写ルンですと手描きの地図だけを持って栃木県壬生町へ行った話

f:id:NRT_Nn:20181231224956j:plain
@KanadeYumeno「大自然に行きたい」
@NRT_Nn(僕)    「行くか~」

 話のわかる友人と、

写ルンです」と「手書きの地図」と「お金」

だけを持って、日帰り旅行に行ってきました。
 
場所は栃木県下都賀郡壬生町(みぶまち)。
 
とても楽しかったので、記録に書いておきます。
 なんと8月の話です。#平成最後の夏 はとっくに終わってますよ...。
 

今回の旅行のルール

まず栃木駅へ行き、そこで「写ルンです・手書きの地図・お金」以外の全ての持ち物をロッカーに預けて、壬生町を歩く。
 
スマートフォンや一眼レフ、デジタルカメラも全てロッカーに預けました。(ついでに、2人とも腕時計をつけてくるのを素で忘れていた。)
 
現在地も時間も、デジタルなものに頼れない状況です。栃木駅に来るまでに電車の中で書いた手書きの地図と、太陽の位置を頼りにしました。
 

f:id:NRT_Nn:20181221162622j:plain

栃木駅に向かう電車の中で描いたガバガバ地図。
 

 スマホを失ったときのTweet

現金払いをやめて数年、財布をSECRIDに変えた話

f:id:NRT_Nn:20181206155522j:image

この記事はKogakuin Advent Calendar 2018,6日目の記事です。

adventar.org

 

昨日に引き続き、僕が書きます。Advent Calendarに穴が空いていたので......

 

数年前からカード払い中心の生活

をしています。理由は楽だからです。会計時も端数のことを気にしなくていいし、アルバイトの経験上、店員側も非常に楽です。*1

 

つい先日まで使っていた財布

以前まで使っていたのはTAKEO KIKUCHIのキーケースです。もはや財布でもないのですが、カードとお札数枚くらいしか入れないのでこれで十分でした。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206090934j:image

中身はこんな感じ。キーケースなんですが、肝心のキーを付ける部分は学部生の頃に、もげてしまいました(中央上部にその痕跡がある)。中学生の頃に父親から「いらんからやる」と貰った古いものなので色々限界がきていたみたいです。

 

今住んでいる家は暗証番号錠、前に住んでいた家はカードキーなので問題ありませんでしたが、また引っ越したら困りそう。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206092934j:image

閉じるとこんな感じ。飾り気がなくて良い。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206093053j:image

TAKEO KIKUCHIのロゴが控え目に入っているのも良い。カービィカフェの暖かい感じの照明下で撮ったので、劣化した赤錆のような部分がいつもより主張激しいです。

 

新しく買ったカード型革財布「SECRID」

特に前の財布に不満があったわけではないのですが、テンションが上がっていたので財布を変えました。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206093946j:image

カード型革財布の「SECRID」です。

基本的には今まで使っていたキーケースと同じような運用ができるのですが、1番の特徴は、カードをスライドして取り出せるという機構です。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206135416g:plain

すごい。便利です。何よりも使っていて楽しいです。下部についているレバーを倒すと、カードが階段状になって出てきます。このレバーの操作感が非常に良くて、スムーズかつ僅かに重い、精巧な感じが伝わってきます。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206095322j:image

開くとこんな感じ。1番左の 手で持っている部分がカードケースになっており、クレジットカードタイプのものが4~6枚程度入ります。

 

そして左右にもカードポケットがついています。しかし、ここはやや取り出しにくい*2ので、Suicaや保険証など、頻繁には取り出すことのないカードを入れるといいと思います。

 

そして、左側の黒潰れしている部分にお札をしまうマネークリップがついています。

 

 

f:id:NRT_Nn:20181206101909j:image

f:id:NRT_Nn:20181206101927j:image

f:id:NRT_Nn:20181206101936j:image

仕舞うものを仕舞うとこんな感じになります。コンパクトで良いです。今まで使っていたものは全て収めることができたので、初日から違和感なく使えています。

 

 

よくある質問

カード支払い中心の生活をしていると、周りの人からよく聞かれることがあるのでまとめておきます。

 

何が入っているのか

クレジットカード2枚、キャッシュカード、学生証、保険証、PASMO、人の名刺、紙幣数枚 です。

 

現金払いしかできない店ではどうするのか

仕方なくお札で払います。

そもそもなるべくカードが使える店に入るのですが、僕の生活範囲では特にラーメン屋、油そば屋はカード対応していないお店がほとんどです。

 

あまりお札は使いたくないのですが、ラーメンは食べたいので、そういう時は仕方なく現金払いです。

 

小銭はどうするのか

持ちません。出先で小銭が発生した場合は次のように対応します。

1.ポケットに仕舞い、駅でSuicaにチャージする

これがほとんどで、かつ1番スマートだと思います。最近は10円単位でチャージができるのでいいですね。1桁代の小銭はチャージできないので、帰宅後に嫁のカバンに投げ入れています。

2.一緒にいる人にあげる

誰かと一緒にいるときなどは「小銭出たからあげる」という感じで渡すと楽です。僕の場合は嫁に付きまとわれていることが多いので嫁にあげています。嫁が一番好きな硬貨は500円玉、その次に100円玉、50円玉...と続くそうです。数字が大きいほど嬉しいみたいですね。

3.神社の賽銭箱に入れる

神様はお金とお酒が好き

 

クレジットカードは「お金をつかっている」という感覚がなくて怖くない?

僕はお金をつかうという感覚は、支払うときの金銭と商品の交換によってではなく、金額を自分の仕事(バイトxx時間分だ〜)に換算して苦しむことで得ているので、知らず知らずに使いすぎるのが怖いということはありません。でもクレジットカードを使い続けると脳がバグって現金払いの扱いが変になりました

 

「利用明細に載っていないのにお金が減ってて怖い」

「利用明細に載らないから現金払いは気分的にタダになる」

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったら他のAdvent Calendarの記事もよろしくお願いします。

nrt-nn.hatenablog.com

 

nrt-nn.hatenablog.com

*1:中でも特に楽なのが交通系ICカード。ただしEdyとIDは発音が似ていて時々困る

*2:といっても普通の財布のカードポケットと同じ仕組み